すき家の過去メニューお好み牛玉丼のレシピを再現してみる!

すき家の過去メニューでお好み牛玉丼という商品があります。

今回はお好み牛玉丼のレシピを再現して自宅で復活してみようと思います!

牛丼そのものはすき家で買ってきた物でお好み牛玉丼のトッピングだけ作っていきます。

スポンサーリンク

お好み牛玉丼の作り方と材料

  • 材料は玉子(温泉玉子でも可)
  • キャベツ
  • ネギ
  • かつおぶし
  • 紅ショウガ(すき家でもらえます)
  • 青のり
  • お好みソース
  • マヨネーズ

になります。

ソースとマヨネーズは100円均一で売っているこんな容器に入れてかけるとおいしそうにできますよ。

1、ネギとキャベツの準備

ネギとキャベツは牛丼の上にのせるくらいで自分のお好みで量を決めてください。

キャベツは柔らかいところではなく、芯に近い固いところを小指の爪くらいの大きさに切ります。

ネギとキャベツを合わせてレンジで50秒程度チンしましょう。

チンしたキャベツとネギを牛丼の上にのせます。

2、ソース・マヨネーズ・かつおぶし・青のり・玉子をのせて完成

あとはソース、マヨ、かつおぶし、青のり、玉子の順でトッピングしていけば完成です。

超簡単ですね。

最後にすき家で牛丼を注文するとついてくる紅ショウガをのせれば完璧です。

ちなみにお好み牛玉丼は大衆には不評

作って食べた人間が言うのもなんですが、この商品はあまり人気のある商品じゃなかったようです。

数年前に定番メニューとして頑張っていたお好み牛玉丼さんですが、すき家の豊富な新商品の波に流されていつの間にかメニューからフェードアウトしていました。

世間の声は

「まずい!」「寄食!」「くどすぎる!」

なんて声があるほどです。

でも好きな人もいたようで一度復活したメニューでもあります。

過去メニューの中でも人気のなかった商品ですが、その一部のお好み牛玉丼が好きで「もう一度食べたい!」と思う人のために今回書かせていただきました。

ぜひ参考にしてみてください。

【すき家の裏メニューについてはこちら!】

【食う以外の暇つぶしはこちら!】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です