新生K-1のパウンドフォーパウンドは誰?【最強ランキング】

ぼけーっと過去動画をK-1公式サイトで色々見ていたら思ったことがある。

新生K-1で階級差を無視した最強は誰なのか】と。

ということで完全に個人的なランキングではありますが、今回は新生K-1で階級差無視の最強ランキングを考えてみようと思います!

強さの順番はトップ20~1位の順番で紹介しますので自分の考えと照らし合わせて見ていってくださいな!

※このランキングは2017年9月16日時点の超個人的な意見です。数ヶ月から半年に一回くらい思い出したら更新しようと考えています。

スポンサーリンク

新生K-1パウンドフォーパウンドは誰だ!?

K-1が新しく始動してから現在までにK-1もしくはクラッシュのリングに上がった選手の中から階級無視のランキングを考えます!

意外と細かい順位で悩んでしまいました。自分的な順位決定は頭の中で同じ階級にして戦わせてみたというかんじにしました。

まだまだ選手層が厚いとは言えない新生K-1ですが、トップ20に入ってくる選手はやはり試合で見ても強いと思ったことがある選手が多いです。

あと戦績が少なすぎて分かりにくい外国人選手やグレゴリアンはもうK-1に来ないかもしれないので抜いて考えてあります。

階級が分からない方はこちらをどうぞ!

新生K-1の階級が何キロか分からない人用まとめ【あの人は?】

20位 安保璃紅(あんぽりく)

8戦8勝無敗でクラッシュのチャンピオンになった安保璃紅。

超攻撃的なファイターで攻撃力はK-1でもトップレベルの選手だと思います。まだまだ成長中の選手ということとディフェンス面に不安があるのも考慮してギリギリのランクインにしました。

レオナペタスにも勝っているし、年齢を考えると今後順位はまだまだ上がる選手ではないでしょうか?

19位 サニーダルベック

魔裟斗がいなくなってからの70㎏を支えていた佐藤嘉洋を破ったK-1の70㎏トップファイターです。

ランクインさせるかギリギリまで悩んだ選手でしたが、バランスの取れた選手で誰と試合をしても良い試合をしそうなイメージがあったので19位にしました。

外国人選手が少ないK-1の中で好感度も高い選手なのでこれからもK-1に参戦しまくってほしいですね。イケメンだから女性ファンもつきそうだし。

18位 西京春馬

西京兄弟の兄で小澤海斗を破ったこともあるテクニシャンです。

年齢を感じさせない技術を持っていて試合で相手を完封する力を持っています。実はあの那須川天心とも対戦したこともあり、ギリギリの判定で負けでしたが善戦しました。

個人的にはもっと上位にしてもいいと思えるくらい優秀な選手だと思っています。

同じジムの武尊と同じ階級ということもあり、まだまだフェザー級でも武尊ほど大きな注目度ではありませんが今後に期待したい選手です。

もう少し体ができてきたら倒せて上手いK-1フェザー級のトップを争うようになると思います。

17位 平本蓮

K-1のトーナメントでウェイルイ相手に接戦して準優勝した若手選手です。

平本連も間違いなく今後のK-1を引っ張る選手になる期待の若手で、テクニックもあり綺麗なパンチも持っています。

かなりのポテンシャルを持っているのは確かなのですが、ゴンナパーをKOで倒してウェイルイと善戦するも、クラッシュで佐々木大蔵にスタミナ切れで負けるなどまだまだ強さが安定していない印象があります。

自分に合った階級にしっかり合わせて体を作っていけば今後も楽しませてくれそうな素晴らしい選手ですね。

16位 山崎秀晃

ゲーオに負けた印象が強い山崎ですが、ハイレベルな-65㎏の日本トーナメントを優勝した実力者です。

個人的なイメージだと【クラッシュの圧倒的トップでK-1ではトップレベル】という感じですかね。

野杁や久保といった実力者にも勝っていて、空手仕込みの掛け蹴りなども見ていて気持ちいいです。

ちなみに山崎の掛け蹴りは空手の掛け蹴りから少し変えて踵を当てるようにしているらしいです。足裏の面を当てるのではなく踵を当てるからこそあの威力なんですね。

年齢も年齢なので今後どこまで復活できるのかに注目しています!

15位 大雅

現スーパーフェザー級のチャンピオンです。

大雅の試合って華やかで面白いですよね。何か分からないけど試合に期待してしまう魅力的なものを持っているような気がします。

実力もチャンピオンなのでもちろんありますし、人気選手なのも頷けます。

ただ階級を上げたこともあって打たれ弱さが見えてきている部分もあるのでこのくらいのランキングにしておきました。

人気や楽しみな試合ランキングがあれば個人的にはベスト3に入ること間違いなしな選手です。

14位 ジョーダンピケオー

70㎏トップクラスの選手です。

クラッシュでもK-1でも活躍していて70㎏日本人の壁としていい役割を持っています。

世界的な超トップ選手と言われれば難しいところですが、世界的に見てもトップクラスの選手であることは間違いありません。

サニーダルベックと同じく佐藤嘉洋をKOしたハードパンチの持ち主でファイトスタイルもガンガン前に出るK-1向きです。

13位 久保優太

最近株で稼ぎまくっている男です。久保は32歳くらいまでK-1に集中してくれ!(笑)

本来であればもう少しだけ上位にいるはずの選手でテクニックも超一流で目もかなりいいスタイリッシュに戦うファイターです。

最近は気持ちの問題も大きいように思えますが、全盛期を過ぎてきたような気がするのでこのランキングになりました。

自分は特別ハードパンチャーなわけではないのに、3Rまで優勢でもハードパンチャー相手に倒しに行く久保優太が大好きでした。

今書いている2日後にウェルター級トーナメントで木村ミノルと戦うので楽しみにしています!

12位 ディエゴフレイタス

実は名古屋クラッシュで野杁に負けた1戦しかしていませんが12位という高い順位につけました。

あの野杁との試合後に他の試合も見たのですが、いい選手ですね~。完全にお気に入りでつけてしまった順位です。

実況ではポルトガルの野杁なんて呼ばれていましたが、確かに似ていますね。野杁相手にあの距離で戦えるところも面白かった。

今後K-1に何回か呼んでほしいという意味もこめて一番優遇したランキングでした。

11位 卜部功也

元スーパーフェザー級のチャンピオンです。

最近は階級を1つ上げてテクニックだけではなくパワーをつけて倒せる練習をしているとのこと。

ベスト10以内も考えましたが、前回の試合でディフェンスが上手い選手をほぼパンチのみでKO狙いにいく姿をみて【卜部功也の戦い方じゃない!】と感じてしまったのでこの順位にしました。

パンチ力強化はいいですけど、ゴンナパー戦やヤニックレーヌ戦みたいに強引なパンチだけが卜部功也の戦い方じゃないはずです。

今までのアンタッチャブルなファイトスタイル+パンチ力強化で3Rくらいで自然に相手を倒せる功也を今後期待します!

その他のK-1情報

10位 ゴンナパーウィラサクレック

ライト級の強豪外国人選手です。

ゴンナパーっていつもおもしろい試合しますよね。完全に名勝負製造機だと思います。

ウェイルイとの試合には負けてしまいましたが、卜部功也をKOで倒すほどの実力を考慮すればこの順位が妥当かなと。

平本ともワンマッチでもう一回戦ってライト級の実力順位を明確にしてほしいですね。

ゴンナパーみたいな日本人ファンにも人気の外国人選手は貴重なので今後も活躍を見せてほしいところ!

9位 武尊(たける)

K-1で今一番輝いている男といえるでしょう。

K-1の求めるファイトを一番分かっていて、客観的に楽しませる試合を魅せることにおいてはNO、1間違いナシです。

実力も1試合毎にビビるくるい進化していて、新生K-1始動初期に比べると既に別人のように強くなっています。

人気な選手だけにアンチも多くて、那須川天心との試合ばかりがファンの間で話題になります。

油がのりきる数歩手前くらいの年齢なのでまだまだ強くなると思います。あと数年はK-1を背負ってくれそうですね!

8位 瑠輝也(るきや)

ドンザーチー戦を経て一気にトップ戦線に上がってきた選手です。

この順位は高すぎると思うK-1ファンの方もいらっしゃるかもしれないですが、今はそれくらい勢いに乗っていると個人的に思います。

水町浩戦で魅せた空中二段蹴りでのKOやドンザーチー戦は本当に衝撃的でした。

ライト級の日本人エースは卜部功也と思われています。K-1サイドも完全に卜部功也をウェイルイとのタイトルマッチに繋がるための試合を組んでいる。

その前に一気に伸びてきている瑠輝也と功也を組まないとファンからの反感がでるんじゃないでしょうか?宮田Pにもよく考えてほしいところです。

卜部功也vs瑠輝也ってみんなも見たいよね?

7位 マサログランダー

野杁正明、ゲーオウィラサクレック、木村ミノルなどの強豪とばかり試合をした強い外国人選手です。

K-1では判定負けが多いマサログランダーですが、実力はこの位置に来ていてもおかしくないと思います。

ファイトスタイルがK-1ジャッジには合わないために減点や判定で負けちゃうんですよね。

戦ってきた相手もレベルの高い相手に僅差だっただけなので、またK-1に戻ってきてほしいところです。

6位 イリアスブライド

マサログランダーと同じく過小評価されている気がする選手です。

イリアスブライドこそK-1ではゲーオと野杁くらいにしか負けていないですからかなり強い選手なんですよ本当は。

実際にK-1公式サイトに載っている戦績を確認すると156戦148勝ですよ!完全に化け物です。

ファイトスタイルもオランダ勢特有の体の強さを生かして積極的に前に出るタイプですし、K-1の運営はこういう選手をもっと使ってほしいところです。

5位 大和哲也

65㎏級において野杁と並ぶ世界トップレベルと言える日本人の一人です。

65㎏は日本人最激戦区ですが、その中でもやはり大和哲也は安定して強いと思います。

天性のパンチ力と蹴り技も使えるトータルファイターです。K-1での戦績は旧K-1を除けばまだ少ないですがこれから暴れてくれるでしょう。

ただし好きな選手なので若干の補正は入ったかもしれません。

4位 野杁正明

現スーパーライト級のチャンピオンです。

パンチ、キック共に技のバリエーションが豊富で一撃で倒す技もあり、ガードも固い完璧な選手だと思います。

卜部兄弟、久保優太、木村ミノル、山崎秀晃、マサログランダー、ゲーオ、左右田などの強豪に勝ってきた実力はこの順位に入れるしかありません。

もしパウンドフォーパウンドを日本人のみで決めるとしたら野杁正明を一位にしました。

3位 ゲーオウィラサクレック

元スーパーライト級のチャンピオンです。野杁に僅差の判定で負けたものの実力は誰もが認めるところだと思います。

ムエタイのスタイルでビビるくらい高速のハイキックで何度も会場を沸かせました。万能型の選手でありながらKOもできるし競り勝つ戦い方もできる選手です。

K-1でのゲーオ最強伝説もチャンピオンを降りたことで一旦幕を閉じました。年齢が年齢だけにこれ以上強くなるかは難しいところですが復活して返り咲いたら面白いですよね。

2位 ウェイルイ

中国からのきた現ライト級のチャンピオンです。

ウェイルイのようなスタイルは最近本物のトップ選手の間で増えたような気がします。旧K-1でいうジョルジオペトロシアンを改良したファイトスタイルのような。

ウェイルイやチンギスアラゾフのように打たせず力を抜いた強打をできる選手は本当に魅力的ですし、なにより強いですよね。

ゴンナパー戦を見てもらえば分かりますが、打たせずと言ってもK-1に合わせてしっかり倒しにいっているチャンピオンの姿はやはりかっこよかったです。

1位 チンギスアラゾフ

スーパーウェルター級の現チャンピオンです。チンギスアラゾフをパウンドフォーパウンドに選びました!!

やっぱりこの選手になってしまいました。力を抜いて攻撃を当てる瞬間に爆発させるパンチやキック、柔軟な体、倒しにいく姿勢、どれをとっても最高の選手だと思います。

ジョーダンピケオーをあの倒し方できる選手はなかなかいないですし、あの顔で年齢も若いのでまだまだこれからK-1を盛り上げてくれる本物の外国人選手になるはずです。

日本も気に入ってくれたようで今後も日本でのファイトを楽しみにしましょう!

ちなみに今は怪我してしまったみたいなのでちょっと心配しています。

K-1選手の入場曲をまとめてみた【一覧】

スポンサーリンク




まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました!

K-1の階級別強さランキングを個人的な意見満載で書いてみましたがどうだったですかね?

多分皆さんの意見と完全一致することはないでしょうし、見ていて突っ込みたくなったところもあったかと思います。

できれば読んでくれた方の意見も聞きたいので教えてくださいね!

他にも那須川天心と武尊の試合が今後実現するか本気で考えてみたとか書いています。

他のK-1情報もよろしくお願いします。ありがとうございました!

スポンサーリンク