K-1ウェルター級大会の勝敗予想するよ!2017年9月18日

最新の勝敗予想はこちら!

K-1ケーズフェスタ1とサバイバルウォーズ情報&ガチ勝敗予想

2017年9月18日さいたまスーパーアリーナコミュニティアリーナで行われるK-1WORLDGP2017JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~の勝敗予想をしたいと思います!

皆さんの予想と照らし合わせて大会の休憩時間にでも楽しんでください!

ちなみにK-1カレッジやプレリミナリーファイト、リザーブファイトなどはスルーして注目カードのみ勝敗予想です。

まずはスーパーファイトからの予想になります!

その他のK-1情報

武尊(たける)vsワンジュングァン

K-1フェザー級のタイトルマッチとなるこの試合。

ハッキリ言って完全に武尊にタイトルを守らせるための組み合わせとしか思えないですよね。(笑)

こんなこと言っててワンジュングァンが勝ったら謝るしかないですけど、前回のK-1の試合を見る限りどう考えてもかませじゃないですか!

前回の試合が終わった後にワンジュングァンが武尊に挑戦状を叩きつけたのですが、試合内容を見て観客の誰かが「いや、レベルが違うでしょ(笑)」と言っていたのが印象に残っています。

確かにそうだと思います。

里見戦を見る限りワンジュングァンのファイトスタイルはローも蹴れるしパンチも出せるし、中国の武尊と呼ばれるのも分からなくはないですが・・・。

でもパンチ、キック、フィジカル、フットワーク、ハンドスピードなど、どれを取っても劣化版タケルにしか見えないんですよね・・・。

確かに前に前に出るファイターなのでK-1に合ったファイトスタイルですし、弱い選手ではなさそうですけどいきなりタイトルマッチっていうのは疑問が残ります。

ということで勝敗予想は武尊のKO勝ちです!

ワンジュングァンも里見相手には1Rから圧力をかけていて、強打で手数も出ていました。ただ、武尊相手には逆に圧力をかけられて前に出にくい展開になると思います。

武尊とファイトスタイルが似ていると言われますが、一番の違いは相手を崩すうまさの違いです。

武尊は三日月蹴りやボディブローやローキックなどバランス良く崩して2、3RでKOするという理想的なパターンを持っています。

それに比べてワンジュングァンは1R目から猛攻を仕掛けるのですが、顔面を狙った強打のみなのでそれでは崩せないと思います。

似ていると言われますが、似ているのは1、2年前の武尊ですね。

武尊も自分の強打に任せて今ほど崩しがうまくなかったです。今回の試合は成長した武尊と過去の自分くらいの差があるように思えます。

もし何か間違いがあるとしたら1Rにいいのをもらうとどうなるか?くらいなんじゃないでしょうか。

できれば次のタイトルマッチはもっと強豪とやってほしいですね!ファンの皆さんもそれを望んでいると思います。

勝てそうな相手ばかり呼んでいると、かませとか八百長とかひいきとか色々言われてしまいますからね。

大雅(たいが)vsスタウロスエグザコスティディス

前回の皇治戦の判定勝利で魔裟斗や宮田Pからも軽くダメだしをされた大雅にとってKOが求められる試合になります。

対戦相手のスタウロスエグザコスティディスはK-1に出場(ライト級トーナメント)したこともあるクリスチャンスペトゥクからダウンを奪って判定勝ちしている選手です。

体の強さはあってパンチはなかなか重そうです。パンチ主体の選手ですがローやミドルも散らしてきます。

K-1公式がマイクザンビディスに似ていると称していましたが、どちらかというと旧K-1でいうとドラゴに似ているような気もします。

スタウロスの試合を見る限りパンチは重そうですが、世界的にみて飛び抜けて強いというわけではなく、まぁ近年K-1の世界トーナメントに出ている優勝できていない外国人選手レベルじゃないでしょうか。

大雅と比べたら大雅のほうが格上なのは間違いないですし、スタウロスにとっては厳しい試合にはなると思います。

勝敗予想としては、大雅の判定勝ちを予想します。

ただこの予想はあまり自信がなくて、大雅の後半ラウンドKOや、逆にKO負けも薄いですがあるかもしれません。

大雅は華やかで強い選手ですが、60㎏の選手の中では1撃に弱いタイプ、つまり打たれ弱いところがあるような気がするの相性的には安心はできません。

大雅は55㎏の時は打たれ強い選手でした。しかし、筋力で体重を増やして戦える体にはなっていますが、さすがに5㎏も上げると骨格が大きい選手が多いので一発には弱くなっている気がします。

それを踏まえると下手したら1RでいいのをもらってKOというのは十分考えられます。また、今回はKOが求められる試合なので攻め急いで一発もらうのも怖いですね。

怖い一発さえもらわなかったら大雅が試合を支配して、3R判定までいけば大雅の勝ちはかたいと思います。

KOを求められる中で大雅がどういう立ち回りを魅せてくれるのか注目しましょう!

こういうスリリングなところが大雅の魅力で面白い選手であるところでもありますよね。

武居由樹(たけいよしき)vs伊澤波人(いざわなみと)

このスーパーファイトの試合もまた予想が難しい試合になりそうです。

武居由樹はサウスポーでスーパーバンダム級ならではのスピードが持ち味のオールラウンダーです。

伊澤のほうはオーソドックスに構えて前進しながらのローキック地獄を持ち味とする対戦相手からするとやりたくない選手ですね。

伊澤はスカイツリーイベントで「武居選手はやりやすいタイプ」と言っていたのが不気味な印象です。

確かに総合力では武居のほうが上かもしれませんが、伊澤はサウスポー苦手にしていないと思うんですよね。

伊澤はクレスト所属なのでトップレベルのサウスポーがいてサウスポー相手に困りませんし、右足蹴りまくるんじゃないでしょうか。

武居も伊澤も連勝中で絶好調ですし、予想が難しいところですが接戦で武居の判定勝ちにしておきます!

ジャッジがローのダメージを取るか、パンチの手数をアグレッシブと取るか注目したいところですね。

卜部弘嵩(うらべひろたか)vs山本真弘(やまもとまさひろ)

お互い復活をかけた大事な一戦になります。卜部弘嵩の年齢28歳、山本真弘の年齢は34歳です。

お互いが年齢で弱くなっているのか?というところに注目してみます。

まず一つ個人的な意見としては、戦績としては連敗していますが弘嵩は強くなっていると思います。

弘嵩はK-1王者になってから連敗続きで評価を下げていますが、チャンピオンになった時の実力がそのレベルでなかったというの厳しいK-1ファンからは言われていることです。

ですがチャンピオンであれば、対戦相手もレベルが高くなるのは当然で、そこで連敗するのもまた当然だったのかなと。

チャンピオンになった当時からは体の仕上がり方もかなり仕上がってますし、年齢で実力が劣化していっているわけではないということです。

そして、逆に山本真弘は明らかに年々打たれ弱くなっていますし、本当に世界レベルで強かった山本真弘ではなくなっているように見えます。

インタビューで数値は上がっていると言っていましたが、打たれ弱さを調べることができる数値はないですし、やはり年齢による衰えは隠せていません。

この二人は以前に戦っていて弘嵩が勝っています。そして、強くなっている卜部弘嵩と衰えている山本真弘が対戦することを考えると勝敗は予想がつきます。

勝敗予想は卜部弘嵩のKO勝ちで弘嵩の復活になると予想します。

今までのデータ的に見たらどうしてもこの予想になってしまうのですが、個人的には山本真弘大好きなんですよ。

予想を裏切ってこの年齢なのに本物のスピードスターでワクワクさせてくれた時代の山本真弘に戻って復活できたら本当に感動してしまいそうです。

皇治(こうじ)vs島野浩太朗(しまのこうたろう)

最近蹴りもできるようになってきてパンチ一辺倒を卒業した島野と、ビッグマウスですが思うように勝てていない皇治の生き残りの一戦です。

島野はともかく皇治はK-1でビッグマウスをあれだけしていたら絶対にここで負けるわけにはいきません。

ビッグマウスが悪いとは思わないですし、盛り上げるためといのも分かりますが、実力のないビッグマウスは批判されるのも仕方ありません。

僕は皇治はいいキャラしていると思うし、バランスが良くて本当に綺麗に戦う選手なのでファイトスタイルも好きなのですが、口で言うからには試合で魅せてくれなければかっこわるいと思います。

卜部功也、大雅に勝てないのはともかく闘士にも判定勝利ですし、もし島野に負けたらK-1での価値を失うという意味での生き残りの重要な一戦になるでしょう。

皇治は弱くないですし、K-1でのトップレベルとは言わなくてもクラッシュでいえばトップクラスではあると思います。

その皇治と戦う島野は最近パンチ以外の戦い方も覚えたようで、パンチ主体の選手であることは変わりないのですがバランスが以前より良くなって強くなってきています。

皇治有利だとは思いますが、会見で皇治が言うほどあっさりは勝てないと思います。

勝敗予想は皇治の判定勝ちです。

皇治はこれからもビッグマウスを貫くつもりならここらでKOしてほしいところですね!

木村ミノルvs久保優太(ウェルター級トーナメント)

ハッキリ言ってほとんどのK-1ファンは今回のウェルター級トーナメントで注目している試合はこの【木村フィリップミノルvs久保優太】のみじゃないでしょうか?

正直そんなに他の試合に興味がないため、ウェルター級トーナメントはこの試合のみ予想しようと思います。

元同門対決の二人で共に人気選手の試合です。

木村ミノルの相手を倒せる力は新生K-1で圧倒的にナンバーワンだと思っています。それに対して久保優太のテクニックは世界のトップレベルで間違いありません。

木村ミノルは一時期、武尊より新生K-1を引っ張っていく存在かと注目されていましたが、ゲーオに負けて以降ボロが出始めました。

三日月蹴りやヒザでボディを蹴られると弱いということと、頭部への攻撃も極端に打たれ弱いということ弱点が露見しました。

今回の試合は久保がそこをつけるかどうか?というところが注目のポイントだと思います。

久保もテクニックはトップレベルで相手をKO寸前まで追い詰めることはよくあるのですが、そこからの逆転KO負けが異常に多いのも特徴です。

テクニックとスピードで追い詰めると打ち合いでとどめを刺そうとするアグレッシブな性格で大好きな選手です。

です・・・が。

大和哲也しかり、山崎しかり、ゲーオしかり、強打持ちの相手を勝ち寸前まで追い詰めて打ち合いからの逆転負けしちゃうんですよね。

今回の木村も強打の中の強打の持ち主なので気持ちよくなって打ち合うと危ないです。

試合の盛り上がりとか木村ミノルが持つ独特の空気に惑わされず徹底して木村が嫌がる戦い方をできれば久保のKO勝利

久保が打ち合いにいってしまえば木村のKO勝利だと思います。

最近の久保は少し年齢により衰えも見え始めているので、今回の大会は冷徹に優勝を目指せるかどうかに注目したいと思います。

勝敗予想は一応木村ミノルのKO勝ちにしておきます。

この二人の勝者が優勝するんじゃないでしょうか?

まとめ

武尊(たける)vsワンジュングァン=武尊のKO勝ち

大雅(たいが)vsスタウロスエグザコスティディス=大雅の判定勝ち

武居由樹(たけいよしき)vs伊澤波人(いざわなみと)=武居の判定勝ち

卜部弘嵩(うらべひろたか)vs山本真弘(やまもとまさひろ)=弘嵩のKO勝ち

皇治(こうじ)vs島野浩太朗(しまのこうたろう)=皇治の判定勝ち

木村ミノルvs久保優太(ウェルター級トーナメント)=木村ミノルのKO勝ち

どうでしょうか?みなさまはどんな予想をしていますか?

僕は予想は好きですけど、予想を裏切って最高のKO勝ちをしてくれる選手を見たいという気持ちもあります!(笑)

その他のK-1情報