K-1ケーズフェスタ1とサバイバルウォーズ情報&ガチ勝敗予想

【情報が入り次第随時更新していく予定です】

新生K-1史上最大のビッグマッチと称して、公式K-1運営の本気が見られる大会開催が決定しています。

その大会はK-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~(ケーズフェスタワン)です。

今回はK-1ファンとしては絶対に気になるビッグイベント、ケーズフェスタ1に関連する情報を紹介します。

日程やチケット情報、対戦カード情報などと合わせてK-1ファンブログとして勝敗予想もしてみようと思います!

ケーズフェスタ1の出場資格を得るために重要なK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~SURVIVAL WARS 2017~(K-1サバイバルウォーズ)についても紹介しますので、ぜひ見ていってください!

※3月大会(ケーズフェスタ1の試合中・試合後に見ている方は下記の「勝敗予想」の結果を見てどうぞ自分の予想と比べてみてください!)

K-1サバイバルウォーズ

引用:K-1公式サイト ©2017.M-1 Sports Media Co.,Ltd.All Rights Reserved.

ケーズフェスタワンに出場する最終選考として重要な大会となるK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~SURVIVAL WARS 2017~の情報です。

年末のRIZIN前にK-1単独で開催することになったサバイバルウォーズ。

特徴としては全ての試合がワンマッチで組まれるというこれまでの新生K-1にはなかった大会方式になります。

トーナメント中心で微妙な組み合わせもあった大会と違って【史上最大のビッグマッチ】の出場に関わる大会だけに、K-1ファンの興味が集まる組み合わせが多くなることでしょう。

※追記:そうでもなかった・・・。

日程とチケット情報

K-1サバイバルウォーズの大会日程は2017年12月27日(水曜日)夕方5時開場の6時開始となっているようです。

開催場所は東京後楽園ホールになります。

チケットはK-1.SHOP TICKETから買えます。

席はA席、S席、RS席、SRS席、ロイヤルシート席とあり、料金は7000円~50000円です。

K-1の放送に関する情報はこちらでまとめていますので参考にどうぞ。

K-1の放送を視聴できる方法を完全紹介!【ネット、テレビ】

サバイバルウォーズ対戦カード

サバイバルウォーズの対戦カードが決定しました。

試合順です。

“バズーカ”巧樹vs竹内 悠希

眞暢(マサノブ)vs FUMIYA

篠原 悠人vs鈴木 勇人

杉本 仁vsRUI

山崎 陽一vs和島 大海

芦澤 竜誠vs村越 優汰

軍司 泰斗vs大岩 翔大

西京 春馬vs大滝 裕太

日菜太vs廣野 祐

になります。

村越選手がK-1に参戦など注目すべきところもあるとはいえケーズフェスタ1当落線上レベルの選手が集まると思っていたので意外でした。

K’FESTA.1(ケーズフェスタワン)

引用:K-1公式サイト ©2017.M-1 Sports Media Co.,Ltd.All Rights Reserved.

サバイバルウォーズを勝ち抜いた選手や超人気選手の試合が組まれることが予想されるK-1史上最大のビッグマッチケーズフェスタ1の情報と勝敗予想です。

この大会は会場も過去最大にデカい。

さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催されるのに加えて、出場選手もK-1の人気選手ばかりで間違いなく過去最大に盛り上がるでしょう。

新生K-1が最大に盛り上がったと言える大会は3大タイトルマッチが行われた大会だったですかね。

ケーズフェスタ1はそれをはるかに超える面白さを期待できる大会になるはずです!(希望)

日程とチケット情報

K’FESTA.1(ケーズフェスタワン)の大会日程は2018年3月21日(水曜日)昼11時開場の1時開催になっています。

開催場所はさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナになります。過去最大の会場ですね。

チケットはサバイバルウォーズと同じくK-1.SHOP TICKETで購入可能です。

席はスタンドB席、スタンドA席、スタンドS席、アリーナS席、スイートバルコニ、アリーナRS席、アリーナSRS席、ロイヤルシートで、料金は6000円~100000円となっています。

K-1の放送はこちらにまとめています。

K-1の放送を視聴できる方法を完全紹介!【ネット、テレビ】

ケーズフェスタ対戦カード

K-1公式サイトの動画でケーズフェスタ1の情報が公開されました。

トップファイター総出演という言葉と共に現K-1チャンピオンが紹介されています。

現時点では、フェザー級王者武尊(たける)、スーパーバンダム級王者武居由樹(たけいよしき)、ウェルター級王者久保優太(くぼゆうた)、スーパーライト級王者野杁正明(のいりまさあき)、ライト級王者ウェイルイ、スーパーウェルター級王者チンギスアラゾフ、スーパーフェザー級王者大雅(たいが)の出場が決定しているようです。

優勝者のダメージの程度にもよると思いますが、11月のヘビー級王者も参戦するのではないかと考えられます。

出典:K-1/Krush/KHAOS【official】YouTube channel

ケーズフェスタワン勝敗予想【3月K-1】

ついにケーズフェスタの対戦カードが決定しました。

ほとんどのカードがK-1ファンとしては注目のカードです。

ここでは3月K-1の予想をしてみます!外れまくっても生暖かい目で許してやってください。

※あくまで1ファンの個人的な意見と予想です。それでもOKな方はチェックしてみてください!

ちなみに以前の大会の勝敗予想はこちらになります。

中澤純(なかざわじゅん)vs左右田泰臣(そうだやすおみ)

個人的にはおもしろいと思うカードです。(この大きな大会を考えるとちょっと微妙な気がしなくもないですが)

既にクラッシュで一回対戦済みのカードで、前回は中澤選手が勝利しています。

注目するところは「最近の中澤選手の成長」と「左右田選手のファイトスタイルの変化」じゃないでしょうか。

まず中澤選手は2014年に牧平やNOMANとやって負けていますが、近年では篠原悠人・小宮由紀博・左右田泰臣に勝つという成長ぶりみせています。

前回の大和哲也戦は1RKOで負けはしましたが、大和は混戦の65㎏級でも文句なしのトップなので妥当な結果だったかと。

逆に左右田選手は新生K-1初期には65㎏のトップ選手でした。

以前はパンチ主体の選手でしたが最近では蹴りも使えるファイトスタイルに変えて少しずつ馴染んできている様子。

中澤選手も左右田選手も殴り合いのkrushぽい試合をするんですよね。

二人ともハードパンチャーの重い一撃以外はダウンしにくいタフなタイプです。

お互いパンチに自信はあっても何発も打ってきかせる試合が多い印象。

これに前回の試合を加味すると【泥仕合殴り合いの判定決着で中澤の勝ち】と予想しておきます!

小宮山工介(こみやまこうすけ)vs郷州征宜(ごうしゅうまさのぶ)

互いに重要な試合を勝ち抜いた二人の戦いです!

スタウロスエグザコスティディスを上手くいなして勝利した小宮山選手。

安保璃紅との超接戦をモノにして念願のkrushベルトを手に入れた郷州選手。

この二人の試合はなんとなく想像しやすいです。

愚直に前に出て圧力をかける郷州選手と前蹴りや回転蹴りやクリンチでいなしながらもじわじわダメージを蓄積させる小宮山選手という試合内容になるのではないでしょうか。

ちなみに以前RISEの試合で一度対戦して小宮山選手が僅差の判定勝ちをしています。

勝敗予想は【小宮山選手の僅差判定勝ち】で!

もし郷州が勝つとしたら2R後半か3Rで1ダウンとって判定勝ちが1番もあえりえそうです。

この二人の勝敗予想はなかなか難しいところですね。

卜部弘嵩(うらべひろたか)vs皇治(こうじ)

バチバチの挑発からプライドをかけた絶対に負けられない1戦です。

こういう「負けたどっちかは調子乗れなくなる1戦」っておもしろいですよね!

共に1989年生まれ誕生月も5月で同じという二人がどんな試合をするのか予想してみましょう。

弘嵩は知っての通りK-1チャンピオンになったものの連敗続きで山本真弘にKO勝利でようやく勝ち星を奪えました。

皇治は大阪からあのキャラクターでK-1に殴り込んだものの良くも悪くも無難な成績です。

お互いのファイトスタイルを考えてみます。

弘嵩は最近パンチ主体の選手になっているように思えます。

以前は組膝が持ち味の選手だったのですが、K-1ルールには合わないため最近膝は少なくなってきました。

これも弘嵩不調の原因の一つじゃないかと。

個人的な弘嵩のパンチのイメージは数年前>最近>連敗中という感じがします。

連敗中のパンチはどうもムエタイスタイルからグローブの手のひら側で殴っているようで効かせにくかったじゃないかと。最近のガツガツ殴るほうが重たそうですよね。

一方で皇治のほうはビッグマウスとは裏腹にめちゃくちゃ綺麗な戦い方をします。

「ビッグマウスのくせにおもしろくない!」という声が多いですが、個人的にはあのバランスの取れたファイトスタイルは嫌いじゃないんですよねー。。。

KOできないとか言われますが、島野戦を見てもらえば分かるように弱いパンチではないです。

お互い「一撃で倒すパンチはないけど一撃で効かすパンチは持っている」という印象。

それを踏まえての勝敗予想は【弘嵩の判定勝利】で!

この試合は最初に効かすパンチを当てた方が優位に立てる試合内容だと予想します。

他の試合含めて1番色々な結末がイメージできました。

1R良いパンチを当てた方が3Rまで優位に立つパターン。

3Rで皇治が疲れて弘嵩の逆転もしくは延長で弘嵩勝利のパターン。

開幕いきなりゴングと同時に卜部が殴りかかって闘志むき出しだけどいいのもらってクリンチ多くなって判定負けパターン。

3Rにはお互いへろへろで僅差パターン。

などなど。

勝敗予想は弘嵩の判定勝ちですが、実力拮抗で楽しみな試合です。

ゲーオウィラサクレックvs平本蓮(ひらもとれん)

最強vs超期待の伸び盛り若手の対決です。

平本蓮選手は本当に年齢抜きで強い選手に育ちましたし、まだまだ育っている最中で楽しみな新生。

ただ今回の相手はあの最強ゲーオですからねぇ。

いくらゴンナパーを倒したといってもあれは功也が与えたダメージによるところが大きかったと思いますし・・・。

強くなっているし、楽しみだし、ジャイアントキリングに期待したいところですが、これはさすがにゲーオの勝利を予想します。

平本はまだ失神KO負けがないですし、根性もあるのでタオルが投げられない限り判定になるんじゃないでしょうか。

ということで勝敗予想は【ゲーオの判定勝ち】で!

アントニオプラチバットvs未定

対戦相手が決まり次第更新予定

武居由樹(たけいよしき)vs未定

対戦相手が決まり次第更新予定

チンギスアラゾフvs日菜太(ひなた)

【チンギスアラゾフのKO勝ち】を予想します!

日菜太はK-1の70㎏で日本人トップであることは間違いありません。

だけどアラゾフに勝てる絵が想像できません。

久保優太(くぼゆうた)vsメルシックバダザリアン

メルシックバダザリアンがまた見れるということで個人的に楽しみなカードです。

木村ミノル選手も言っていたことですが、久保選手は相手の色を消すのがうまい選手ですよね。

久保選手の試合で盛り上がる時は相手がぶんぶん丸でディフェンスを見られる時じゃないでしょうか。

今回は実力者同士の戦いになるのでモハンドラゴン戦のような久保のディフェンスは楽しめないかもしれません。

バダザリアンはキレがあってハンドスピードも回し蹴りもめちゃくちゃ早いが未知数なところも多い。

久保はスウェーやダッキングで相手の攻撃をかわすセンスは凄いが弱らせた一発のある選手に逆転負けが多い。

難しいですが、勝敗予想は二人のファイトスタイルから【久保の判定勝ち】を予想します。

野杁正明(のいりまさあき)vs大和哲也(やまとてつや)

ムエタイルールで一度対戦した二人がK-1ルールで再度戦います。

前回の試合では大和が野杁に判定勝利しましたが、新生K-1ルールではどっちが勝つか分からない今大会でもトップレベルの試合になると思います。

野杁も大和も弱点とハッキリ言えるほどの弱点がないのが強みです。

どちらもパンチもキックもできるオールラウンダーですし、一撃一撃の破壊力もあります。

1番の武器は野杁は膝、大和はパンチといったところでしょうか。

難しい予想になりますが、勝敗予想は【大和の判定勝ち】にしておきます。

勝敗を分けるのは3Rのダメージ蓄積量だと思っています。

根拠となるのが野杁のファイトスタイルからみるやや苦手なタイプと大和のファイトスタイルが一致していることです。

何故野杁は実力差があるHIROYA相手に接戦になってしまうのかというと【ガードの上から打たせるタイプ】ということが考えられます。

野杁のガードは鉄壁なんですが、それに自信があるからなのかガードの上からかなり打たせます。

大和のパンチをガードの上からでも何発もあびれば小さな差が重なり3Rにやや大和優勢になっているのでは?というのが予想です。

勝つ可能性が高かったのはむしろ前回のムエタイだったかもしれません。

組膝ナシという新生K-1ルールにうまく対応しているとはいえ、最高の持ち味を最大限発揮できないというのもやや野杁フリに思える要素です。

3Rの野杁がガードをせずにパンチを避けようとしはじめたら効いていると思ってチェックしておきます!

ウェイルイvs卜部功也(うらべこうや)

この試合もレベルの高い試合になりそうなカードです!

功也は復帰ヤニックレーヌ戦でパンチに頼り切って全然以前の功也と違うんで心配しました。

たださすがの格闘センス。クリスチャントゥク戦ではいつもの功也に戻っていましたね。

どちらも相手を寄せ付けない試合運びができる完璧に近い選手達です。

階級が違えば二人ともチャンピオンレベルなのですが、もったいないような嬉しいような・・・。

ただ勝敗予想するなら【ウェイルイのKO勝利】にしておきます。

【ウェイルイの判定勝利】とめちゃくちゃ悩みましたがKO勝利ということで。

というのも、功也が絶対倒されない戦い方をすれば判定までは間違いなくいくと思いますが「そうしない」という予想です。

どちらも完璧な選手ですが、96点!と89点!みたいな差でわずかにウェイルイが上回っていると思うんです。

1R2Rで若干のポイント差がついて取り戻そうとした功也が返り討ちにあうイメージが思い浮かんじゃいました。

功也は打たせないイメージが強いですが、クリーンヒットをさせないだけで打たれ強くはないんですよ。

逆に最近打たれまくってフラフラになっているイメージですが、弘嵩のほうが全然打たれ強いと思います。

ということで予想はウェイルイ!しかし功也は好きな選手なので予想を裏切ってくれるのに期待!

大雅(たいが)vs武尊(たける)

三度目の対決になりますが前回の試合から条件色々違いすぎるので初対戦のつもりで観る楽しみなカードです!

前回と前々回は武尊が勝利していますが以前と何が違うのか踏まえて勝敗予想をしてみたいと思います。

まず1番影響がある違いは階級の変化です。

以前はお互い55㎏級で戦っていて今回は5㎏も上がって60㎏での対戦となります。

この階級の面でやや有利になるのが大雅です。

早い段階で60㎏級に階級変更していたので体ができあがっている差がありあますよね。

ただ武尊も57、5㎏に階級を上げていたというのと前回の試合から期間が空いたので体を作る時間もそれなりにあったので大きな差にはならないんじゃないかと。

そしてもう一つかなり重要なファクターとして「最高の大会のメインカード」ということが勝敗を分けるのでは?と。

簡単にいえばKOじゃなきゃしまらないよね。ってことです。

つまり大雅のフットワークを使って遠い距離から飛び込む形じゃなくて武尊お得意の打ち合い展開になるはずという予想。

特に3Rにもつれこんだとしたら足を使わない打ち合いになるんじゃないかと。

55㎏の時ならともかく、今は大雅もパワーをつけて自信があるでしょうし打ち合いにいくことでしょう。

ということで勝敗予想は【武尊のKO勝ち】で!

ただ武尊が勝ったとしても今後60㎏でダウンすることも出てくるとでしょうね。

大雅も55㎏級じゃかなり打たれ強かったですが、60㎏級になってからは意識が飛ぶダウンがかなり多くなっていますし。

筋肉量で体重は増えて動きは維持できてもも打たれ強さは落ちると思います。

正確には階級が上がれば打たれ強さも上がる。しかしそれ以上に相手のパワーも上がる。という感じですかね。

武尊は57.5がバランス的に1番合っていたと思うので勝ったとしても今後が心配なところです。

(天心戦のこともありますし!)

ちなみに天心戦についてはこちらで本気でまとめていますので経緯を知らない人は参考にどうぞ。

那須川天心と武尊の試合が今後実現するか本気で考えてみた

試合をした人気K-1選手の入場曲一覧はこちらにまとめてあります。

K-1選手の入場曲をまとめてみた【一覧】

その他のK-1情報もよろしくお願いします。

K-1記事一覧

スポンサーリンク